不妊といっても、不妊にはある程度の幅があります。
つまり全く子供を作ることができない人もいますし、ただただ妊娠しにくいという人もいるのです。

自分がどの位置に当たるのかを知っておくことはとても大切です。
不妊の疑いがある症状として月経異常をあげました。

他にも不妊の問題点を見分ける事ができるポイントがあります。

一つはおりもの。
おりものがいつも多かったり、臭うという場合は不妊の原因となる問題がある可能性が有ります。
おりものが色がついていたりする場合にも性病になってしまっている危険もありますので注意しましょう。

また、体重が重たすぎる人、逆に軽すぎる人も不妊になってしまう可能性が高いと言われています。

もちろん、出血がある場合にも婦人科系の病気になってしまっている可能性があります。

こうしたポイントで、自分の体のどこに問題があるのかを知っておくことは大切です。
そうすれば、次何をしたら良いのかがわかるからです。

男性に問題がある場合もありますから、いつもいつも女性を悪者にしないようにしましょう。

Tags : , , , ,

そもそも、不妊なのかどうかはどうしたらわかるのでしょうか。
妊娠は時期が限られています。
ですから、できるだけ早くに知っておけば、早めの対策が取れるってもんです。

結婚後数年してから対策を取り出す人がおおいので、もっと早くから行動するために、どんな症状が観察されるのかご紹介したいと思います。

一番わかり易いのは、月経異常。
月経の間隔が非常に長い人、あるいは、月経がほぼ来ない人、逆に月経が早くに来るというのも不妊症の症状の一つです。
このような月経異常の場合、排卵がないという問題が生じている恐れがあるのです。

あるいは、月経の量に注目することもできます。
月経の量が多いのも、少ないのも不妊症の症状であると言えます。
これも、排卵がないことや、子宮の着床部が変形している可能性を示しています。

生理痛がひどくなっており、子宮内膜症の症状があるのも、妊娠しにくい状況であるのです。
子宮内膜症の人は、健康な人の10割しか妊娠しないと言われています。

上記のような症状がある場合は、基礎体温などを記録してすぐにでも治療してもよいのかもしれません。

Tags : , , , ,

葉酸のサプリメントを選ぶときのいくつかの注意点に注目してみましょう。
配合成分は、天然のものと、合成のものがあります。
合成というのは、石油などから作られているものですが、量産できるため価格が安くなります。
逆に天然は価格が高くなります。

合成のものが健康に害がないのかどうかという話もありますよね。
実際のところどうなのでしょうか。

合成のものは、もちろん天然のものに似せて作ります。
ですから、同じ栄養素ということになります。

しかしどう似せて作っても、天然のもののような質の高いものが作れないのも事実です。
身体への吸収が早くなかったりするのだそうです。

また、人工のものであるゆえに添加物などを入れなければならないということもあるのだそうです。
価格は高くなりますが、やはり天然のものを買った方がいいように思います。

Tags : , , , ,

亜鉛が不足すると、細胞分裂が行われなくなってしまいます。
ですから、成長がストップするということです。

亜鉛欠乏症という病気があり、その症状は成長が完全に止まってしまうというもの。
大人なはずなのに体が子供という状態になってしまうそうです。

ここまで亜鉛が不足するということはあまりないのだそうです。
しかし、軽い亜鉛欠乏になることは誰にでもあるのです。

亜鉛が欠乏するとまず起こることは何でしょうか。
味覚異常が起こると言われています。

味覚細胞の形成に亜鉛が欠かせないからです。

他にも、脱毛や抜け毛の問題、精子の減少、抗酸化機能の低下、免疫力低下と言った症状が出てくることがあります。
精神的に不安定になることや、美容に影響も有ります。

亜鉛を多く含む食材はしじみや牡蠣やレバーといったもので、毎日食べるにはちょっときついですね。
それでも、一定量確保しないと、健康に影響があります。

サプリメントなどで補充している方が多いようです。

Tags : , , , ,

サプリに頼らずに、食材から栄養素を取り入れましょう!
サプリメントは、側面的に私達の健康を維持するのに役に立ちますが、メインはやはり食材から取り入れないと効果がありません。

葉酸も、食材から取り入れることができるものです。
レバーやうなぎ、緑黄色野菜などに多く含まれています。

レバーは、鶏でも牛でも豚でもOK。
ただし、鶏レバーが一番葉酸の量が多くなります。

うに、枝豆、モロヘイヤ、キャベツ、パセリ、ほうれん草、菜の花、アスパラガス、納豆、ブロッコリなどに多く含まれています。
成人で240μgの摂取が期待されています。
これだけたくさんの食材がありますから、家庭でも料理で使用して摂取することができるのではないでしょうか。

葉酸は、とりすぎに注意と必ず注意書きがされています。
摂り過ぎは良くないですが、適量の摂取がないのも良くないのです。

上に書かれている食材を上手に使って、葉酸を取り入れましょう。

週に一度、レバーを使った料理などを食べるのがベストです。
確実に必要量を補うことができるはずです。

Tags : , , , ,