葉酸卵というのを聞いたことがありますか?
葉酸を強化して作られている卵があるんですって。

普通の卵にも含まれていますが、それよりもたくさんの葉酸を摂取することができるというもの。
とても良い商品ですね。

葉酸を含む食品といえば、ホウレンソウ、ブロッコリー、レバー等があります。
レバーなんかにはたくさんの葉酸が含まれていますが、レバー嫌いな人も多いですし、好きだとしてもそんなに毎日食べられるようなものではありません。

葉酸を適量摂取するには、例えばブロッコリーでいくと、10束近く食べなければならないみたいですよ。

葉酸は分解されやすい栄養素。
熱が加えられると、破壊されてしまうこともあります。
しかし、卵に含まれている葉酸は、分解されにくいという特徴があり、しっかり摂取できるんですって。

おススメです、葉酸たまご。

Tags : , , , ,

不妊、これは本当に私たちを苦しめる問題です。
病院に行ってもなかなか妊娠できずに苦しんでいる方もいるかもしれませんね。

どうやら、葉酸は不妊治療にも使用されているようです。

そもそも不妊というのは、日ごろの食べ物などで栄養素などが偏っていることが原因でも起こるのだそうです。
葉酸が足りないと、妊娠しずらいと多くの研究者が認めています。

そんなこともあり、不妊治療に葉酸が使用されるのです。

葉酸は、受精卵の生成に不可欠な成分だそうです。
そのほかにも、子宮の働きを向上させて、流産を予防したり、胎児が何らかの病気にかかってしまうのを防いでくれたりする効果があります。

魅力的ですね。

葉酸のサプリメントは、いろいろあります。
配合されている分量に注目することと、名が知れているメーカーさんのものを選ぶようにすると失敗はないかもしれません。

Tags : , , , ,

亜鉛が男性の不妊治療に欠かせないものであるのですが、多くの人はその事実をあまり真剣に受け止めていません。
自分には亜鉛がかけていないと考えているのです。

そんな方たちに参考になる情報を得ました。
アメリカでの実験結果です。

大学生を中心に調査が行われました。
つまり、若い男子を中心にした調査です。

結果、20%以上の若者に、精子が全くありませんでした。
つまり、夢精子です。

夢精子とは、1CCあたり精子の数が2000に満たないことをいうようです。
この数字は、不妊になる数値だと言われています。

この実験結果が公表されてアメリカでは亜鉛がブームにもなったのだとか。

ですから、自分は大丈夫と思っていても、不妊の原因が女性ではなくて、男性の側にある可能性が高いのです。
前立腺、睾丸、などの生殖器官は、亜鉛不足で不調が起こります。

亜鉛を摂取する必要がありそうですね。

Tags : , , , ,

男性の不妊対策として亜鉛がよく取り上げられます。
中高年の生殖機能障害に亜鉛が効果を発揮するのは事実だそうです。

それで、40歳を過ぎたら亜鉛を補充するという効果的な不妊対策があります。

しかし、亜鉛は男性にだけ必要なものではありません。
女性にも欠かせないのです。

胎児や乳児の成長を助けるのにも亜鉛は必要です。
亜鉛を摂取しない生活を送っている人が、ホルモン、卵子の形成、などの異常を起こすことが報告されているようです。

胎児にも影響があります。
脳の発育、免疫、細胞の増殖にも亜鉛は一役買っています。

健康な子供に生まれてほしいと思うと、やはり亜鉛をきちんと摂取しておく必要がありそうですね。
母体に十分な亜鉛が含まれていれば、胎児にも乳児にも亜鉛を与えることができます。

亜鉛は女性にも欠かせない栄養素なのです。

亜鉛は男性側の不妊治療に効果あり

Tags : , , , ,

亜鉛を摂取しようと思う場合、クエン酸とビタミンCを同時に取ることで、吸収率を上げることができるそうです。
亜鉛自体は、カキ、牛肉、レバー、ウナギ、などに多く含まれています。

亜鉛を多く含むこうした食品に、レモン、梅干しなどを一緒に食べたりすると効果がアップします。

亜鉛の毎日摂取の適量は、10mgと定められているようです。
たったの10mgなのですが、現代社会亜鉛を取るのは至難の業。

ですから、常に亜鉛を多く含むものを意識して食事をするべきです。
それ以外にも、健康補助食品で亜鉛を補うことで、不妊解消している人は多くいます。

いろいろな種類のサプリメントが出ていますから、それからよいものを選びましょう。

亜鉛の場合注意しなければならいのが摂取量。
適量に関しては先ほど書きましたが、実は上限があります。

100mgを超えるべきではないそうです。
もし超えてしまいますと、免疫力が下がったりする恐れがあります。

亜鉛は体にとても良いものですが、取りすぎはよくないのですね。

Tags : , , , ,